松原隆一郎「普遍と特殊5」『kotoba』集英社、2019summer issue No.35

「景観の崩壊と再生-石川達三から宮脇檀へ-」 石川達三の実録小説「交通機関にかんする私見」は、岡山県の山間の城下町に鉄道が通った際の混乱を描く。 その町では現在、鉄道が育てた商店街がシャッター通りと化している。 市場に導 ...
つづきを読む »