活動

松原隆一郎+古川日出男トークイベント @title2018.7.26

「家族の物語」を書くとき、何が起きるか、『頼介伝』出版記念 社会経済学者の松原隆一郎さんが祖父・頼介の生涯とその背景となる日本近現代史を描いた『頼介伝』(苦楽堂)の刊行を記念し、トークイベントを開催します。お相手は東北の ...
つづきを読む »

鼎談、堀部安嗣・中島京子・松原隆一郎 阿佐ヶ谷書庫内覧会6#17

毎年恒例の阿佐ヶ谷書庫内覧会、第五回。 今年も130名の来場者を集めて行いました。 小説家の中島京子さんをお迎えして、新著『樽とタタン』について伺いました。 書庫は私にとって、少女が入り込む「樽」のようなものです・・。...
つづきを読む »

対談松原隆一郎×中野剛志「いま論ずべきは国防だ」『Hanada』2018Jan.

テーマは、シビリアン・コントロールが重要ならば安全保障でどこまでの武力行使を許すのかいまこそ論じよ/米英仏日の各政党のポジションを位置づける。 我々はこの雑誌では浮いているな。...
つづきを読む »
活動

対談・松原隆一郎×古川日出男8月3日19:00~国立能楽堂

「平家物語」からの連想で生まれた二つの作品、世阿弥『鵺』と古川『平家物語 犬王』をめぐって。 能楽入門者が違和感を持つであろう時間と地理につき私が具体的なデータを示し、その上で琵琶法師による『平家』の成立、世阿弥の「鵺」 ...
つづきを読む »

対談、松原隆一郎・御厨貴「国会通信簿」『週刊朝日』2017.7.7

内閣改造で進次郎、橋本両氏がイロモノ入閣(御厨) 荻生田氏はアウト?小池都知事は首相になる気も(松原) どの党もダメダメ。 官僚も自民議員も任免権が官邸にあり、しかも官僚に答弁させないからまともな議論が消滅してしまった。 ...
つづきを読む »

対談 松原隆一郎×中野剛志「森友騒動 全く新しい視点」

いまなお新しい情報が飛び出してくる森友学園問題。現代政治行政の病理が見え隠れする。 ルール(規制)によって過剰な陳情や忖度ができなくしてあるのに、それを解除したのは大阪府の「改革」だった。それでいて、責任は緩和した政治家 ...
つづきを読む »